Google+ 虫歯の進行度での見分け方 | StoryMaker™
 

虫歯の進行度での見分け方

1歯の表面のエナメル質が白く濁っている 危険度★

この症状は歯の表面のエナメル質が溶け始めている段階です。一見すると、歯石の様に見えますが違います(歯科用レーザー)。

2茶色く見えてくる 危険度★★

虫歯菌がどんどん進行してくると、その部分に変色が見えます。部分的に変化していたら注意しましょう。

3穴が開いている 危険度★★★

この症状まで進んでしまったら痛みでわかると思います。象牙質や神経まで進行している可能性があるので、すぐに歯医者さんに行きましょう(光重合器)。

This entry was posted in Health and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.